春季彼岸会法要 本文へジャンプ
彼岸とは?

サンスクリット語の「六波羅蜜」から生じたものと云われております。中日を挟む前後3日間を指します。

一般的には、各家先祖供養並びに個別霊位供養を行い、故人さまへの追善供養(功徳を積んで、亡き方への霊位を弔い供養)することと、皆さまの
罪障消滅(仏となるための修行を行う上で、妨げとなる煩悩や罪などを消滅させて、善行へと変える修行のこと。)をする一つの修行であります。

また彼岸会法要は、他の仏教国では見られなく、日本の仏教の発展によって生まれた文化であります。

この彼岸の仏事は、
浄土思想に結びつけて説明される場合が多くみられ、浄土思想で信じられている極楽浄土(阿弥陀如来が治める浄土の世界)は、西方の遙か彼方(西方浄土とも云う)にあると考えられたのであります。
当に春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈む時期であり、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に巡らせたことが彼岸の始まりと云われています。

仏教では、仏の世界は大きな川を隔てた向こう側にあるとされ、
彼岸と呼ばれ、煩悩に煩わされることなく、永遠に平穏無事に暮らせると考えられている。

一方、人間の住む世界を
此岸と呼び、様々な欲望に苛まれ葛藤ている世界を指します。
彼岸と此岸の距離は、暦により変化すると考えられ毎年、3月20日及び9月23日の「お彼岸」は彼岸と此岸がもっとその距離が縮まるとされております。

自分達の死後には、必ずこの彼岸へ辿り着きたいと云う願望が転じて、先祖供養をする仏事として広まったと考えられます。

彼岸会の「彼岸」は、「日願(ひがん)」から来ているとも言える。日本に限らず古来から、太陽や祖霊信仰は原始宗教の頃からつきものなのである。仏教語の彼岸は後から結びついたものであるという説(五来重よる)もあります。








 戻 る